あなたと、同じ夢を見れたら。

どこにでもいるようなとある社会人です。あなたの一瞬の暇つぶしにどうぞ。 なんでもない日常に、少しの彩りを添えられたら。

月の灯りが、ふわりと舞う夜

 

ねぇ、どこに行くの。

 

私を置いて、どこに行くの。

 

傍にいると、言ったのに。

 

一緒に笑うと、言ったのに。

 

冷たい夜風が、街路をかすめる。

 

傍の小川が、小さく聞こえる。

 

聞こえる、足音。

 

私の足音。

 

木霊する。

 

あぁ、そうか。

 

離れたのは、あなたじゃないね。

 

離れて行ったのは、私だね。

 

小さな足音が、ふと消える。

 

寂しいと言いながら、心を閉ざしたのは私だった。

 

寂しいと言いながら、耳を塞いだのは私だった。

 

寂しいと言いながら、繋がりを断ったのは私だった。

 

なんだ、私のせいか。

 

ぜんぶぜんぶ、私が選んだことなのか。

 

望みたかったわけではないのに。

 

ただ、心の底から笑いたかっただけなのに。

 

カランコロン、カランコロン。

 

でも、これでいい。

 

カランコロン、カランコロン。

 

それらを傍に置いて、私は生きていけない。

 

私が、私でいるために。

 

ずいぶんと荷物は軽くなってしまったけれど、

 

これが、今は一番歩きやすい。

 

カランコロン、カランコロン。

 

少しの荷物と共に、私は歩く。

 

月の灯りが、ふわりと舞う。

 

傍を流れる小川の音。

 

この川の上流はどうなってるのだろう。

 

そんな些細な理由で、私は歩く。

 

もう少しだけ、歩いて行ける。

 

理由があるから、歩くのか。

 

歩くための、理由なのか。

 

それはわからない。 

 

カランコロン、カランコロン。

 

でもそれはきっと、それらはきっと、

 

みんなも同じ。

 

今も私に届くのは、傍を流れる水の音。