あなたと、同じ夢を見れたら。

どこにでもいるようなとある社会人です。あなたの一瞬の暇つぶしにどうぞ。 なんでもない日常に、少しの彩りを添えられたら。

秋の早朝のような、夕方のような、夜更けのような匂い

 

 

いつの記憶なのだろうか

 

 

どこからともなく漂ってくる、草が焦げたような匂い

 

 

秋の早朝のような、夕方のような、夜更けのような匂い

 

 

匂いとともに運ばれてくるのは、何気ない日常の記憶

 

 

秋の季節の中での笑った記憶、一生懸命だった記憶、

 

 

1年前、2年前、3年前、5年前、もしくは、それよりもずっと前

 

 

何度この季節を繰り返しても

 

 

この季節は、何度でも記憶を呼び起こす

 

 

その時にいた人や、景色や、音は、もうここにはないけれど

 

 

その時はもう、記憶の中でしか生きれないけれど、

 

 

何度でも記憶の中で蘇る

 

 

薄れていくことはあっても、消えることは決してない

 

 

僕は、やさしい人じゃないけれど

 

 

誰かにとって、

 

 

やさしい記憶でありますように

 

 

枯草の匂いが風に舞う

 

 

心地よい匂いを胸いっぱいに吸い込む

 

 

どうせまた来年も、今日を懐かしむんだろう

 

 

秋の夜が、心地よく頬を撫でていた