あなたと、同じ夢を見れたら。

どこにでもいるようなとある社会人です。あなたの一瞬の暇つぶしにどうぞ。 なんでもない日常に、少しの彩りを添えられたら。

夜の街路

 

聞こえる

 

あなたの声が

 

あなたじゃない声が

 

私はあなたの声だけを拾って

 

 

 

私が前に進めたのは

 

私を前に進めたのは

 

他の誰でもない、あなたの声だけでした

 

 

 

私のあの日の声で

 

どうかあなたが、前に進めていますように

 

 

 

街路に響いたのは

 

灯りに反射する、私の鼓動