あなたと、同じ夢を見れたら。

どこにでもいるようなとある社会人です。あなたの一瞬の暇つぶしにどうぞ。 なんでもない日常に、少しの彩りを添えられたら。

一年という歳月の間、鼻に届くことのなかった匂い

夕暮れ

 

いつからだろう

 

頬をなでる風からは、いつの間にかぬるさが消えていた

 

一つの季節の終わりを告げるように、切なげな蝉の声が運ばれてくる

 

僕は、この風の匂いを知っている

 

それはまるで、ほんの少し前に嗅いだことのあるような匂い

 

草のような、大地のような、どこか切なさを感じる匂い

 

一年という歳月の間、鼻に届くことのなかった匂い

 

それなのに何故、これほどまでに近く感じるのか

 

それほどまでに、この季節の訪れを望んでいたのか

 

足元のコンクリートから立ち上る熱気が、名残惜しそうに夏を叫んでいる

 

後ろ髪を引かれるように、僕は静かに振り返る

 

足跡からは、かすかに向日葵の香りがするようだった

 

だいじょうぶ、きっとまた会えるよ

 

僕はつぶやき、前へ歩き出す

 

夕暮れ

 

風が吹く

 

辺りには、鈴虫の鳴き声が響き渡っていた

 

透き通る風の中、まるで僕らを、歓迎するかのように