あなたと、同じ夢を見れたら。

どこにでもいるようなとある社会人です。あなたの一瞬の暇つぶしにどうぞ。 なんでもない日常に、少しの彩りを添えられたら。

雨の匂いの正体 〜ペトリコールとジオスミン〜

f:id:koinoborinomati:20190817180332j:plain


「あ、雨が降る」という雨の前の独特な匂い。

雨が降った後にふわりと漂う独特な匂い。

 

 

雨の匂いには名前があった。

 

 

匂いの正体は、『ペトリコール』と『ジオスミン』

 

 

 

ペトリコール

雨の前の匂いの正体が、ペトリコール。

植物から生じた油が土壌に吸着し、それが、湿気によって土壌内の鉄と反応し、あの独特な匂いを発生させるようだ。

雨が降ると、その香りは洗い流されてしまう。

 

ペトリコールは、ギリシャ語で『石のエッセンス』の意。

 

 

 

ジオスミン

雨上がりの匂い、『ジオスミン』。

それは、細菌の匂い。

土壌に生存する細菌が、休んでいる際に蓄積されるものが、大気中に放出されるそう。

雨が、長らく降らないと匂いはさらに強くなる。

 

いわゆる、『土っぽい』匂い。

 

言い換えれば、『大地の匂い』

 

 

 

f:id:koinoborinomati:20190817180414j:plain 

天気予報に雨マークが着くと、がっかりするかもしれませんね。

そんな時には是非、この匂いのエッセンスのお話を、思い出してみては。